健康的な身体へ【高麗人蔘や水素水の効果を知る】

痩せられる

美容外科や個人輸入で入手できます

痩せる薬とは、飲むことで痩身効果を得ることができる薬のことです。薬ですから、肥満を防ぐ作用のあるサプリメントやドリンクなどの健康食品と異なり、基本的に市販はされていません。入手するには、肥満外来や美容外科の医師に処方してもらう必要があるのです。肥満外来では、BMIが35以上ある、重度の肥満患者にのみ処方されます。BMIがそれほど高くない人の場合は、美容外科で自費診療として処方してもらうことができます。 また、痩せる薬は海外で製造販売されています。そのため、個人輸入を利用すれば、その販売元から直接購入することも可能です。言語の違いなどでそれが困難という人のために、個人輸入の代行業者もいるので、そこに依頼するのもひとつの手です。

痩せる薬の中でも特に人気の高いもの

痩せる薬には、色々な種類のものがあります。特に人気の高い痩せる薬は、摂取した脂質の分解を防ぐものと、食欲を抑えることができるものです。 前者は、脂質を分解するリパーゼという酵素の働きを抑える作用のある薬です。分解されなければ、脂質は体内に吸収されることなく、便として排出されるようになります。つまり体に蓄積されないということです。 後者は、脳に働きかけて満腹中枢を刺激する薬です。するとたとえ空腹でも、空腹感が生じにくくなります。その結果、それほど多くの食べ物を食べなくても済むようになるのです。 食事制限によるダイエットは、空腹感との戦いになります。しかしこれらの痩せる薬を飲めば、空腹感に苦しまずにダイエットをすることができます。そのためこれらには、高い人気があるのです。