健康的な身体へ【高麗人蔘や水素水の効果を知る】

腸を整える

善玉菌のチカラで腸内環境をととのえる

おなかの調子をととのえる食品が今注目を集めています。便通を良くして健康に過ごすことが出来ます。主に3つの食品に分けることが出来ます。 オリゴ糖類、乳酸菌類、食物繊維類になります。 私たちの腸の中には、約100兆個以上の菌がいるとされています。善玉菌と悪玉菌があるとされています。善玉菌はビフィズス菌や乳酸菌のことになります。善玉菌のチカラはとても良い効果があるとされていますので、善玉菌を増やしていく必要があります。有害菌の増殖を抑えることで、府廃物などが減少して腸内環境が改善されます。 通常のヨーグルトなどの乳酸菌は腸まで届きにくいため特定保健用食品として売られているものにはビフィズス菌などの善玉菌が加わっています。そのため善玉菌のチカラの力で腸内細菌のバランスをととのえます。

健康的に改善する必要があります

おなかの調子をととのえる食品に食物繊維類がありますが、食物繊維には水溶性のものと不溶性のものがあります。どちらも大腸までおくられていくのですが働きに相違点があります。 水溶性のものは腸を刺激して蠕動運動を活性化させます。不溶性のものは保水成分が強いので便の量を増やしてくれます。 ただしどちらもとりすぎには注意が必要です。 最近では、運動不足や偏った食事により便秘になりやすい方が増えています。あらためて善玉菌のチカラに注目が集まっています。たくさんの特定保健用食品が発売されていますので、善玉菌のチカラを借りてより健康的な体を手に入れることが出来ます。 自分の好みの味の特定保健用食品を見つけて毎日摂取すると良いでしょう。